岩手ADC

岩手アートディレクターズクラブ(IADC)

ジャンルや職種に縛られず、活躍するクリエイターが増えています。
クリエイティブに求められるニーズは多様化し、それを総合的に昇華できるディレクション力が求められているからです。
ここでいう「アートディレクター」とは、特定の専門職能ではなく、様々なクリエイティブ要素を作品としてまとめ上げる「ディレクション意識」を持ったクリエイター全般を意味します。コピーライターもwebデザイナーも映像作家も、「デザイン」する視点を持ち、ともに作り上げ、トータルで作品表現に関わっていることを基軸としています。
今後ますます重要視されるディレクション力を磨き、クリエイター自身の手で岩手をより良く変えていくために、「岩手アートディレクターズクラブ」は発足しました。クリエイティブ全体の向上にとどまらず、クリエイターの人材育成や社会貢献も視野に入れた幅広い活動を目指していきます。

会員資格

県内在住または県内に活動拠点があるプロのクリエーター
IADCの考えるアートディレクターとは、デザイナー、フォトグラファー、ライター、イラストレーターほか、あらゆるクリエイターとの共同作業を通じて、広告、出版、映像、Webほかさまざまな成果物を生み出す人。
IADCは、そうしたディレクション意識を持つ岩手県内すべてのクリエイターを同志として迎えます。

クラブの概要

クリエイターが個人の資格で参加・運営する非営利の会員組織です。
クリエイター自身の自己啓発や意識向上、レベルアップのために、互いに切磋琢磨し、刺激を与えあう機会や場を創出します。
あくまで「クリエイターとしてのクラブ活動」であることが他の業界団体や職能団体との違いであり、実利的な会員特典や福利厚生制度、また利益誘導型政治的アプローチなどの機能は持ちません。

クラブの主な活動

  • 年1回の作品公開審査と受賞イベントの開催
  • 年鑑の発行
  • サイトの運営
  • クリエイターのネットワーク形成
  • 企業とのマッチング事業、セミナー開催など

※「全員参加のクラブ活動」を原則とし、すべての正会員はクラブの運営や活動に際して何らかの役割を持ち、従事する義務を負うものとします。また、クラブの活動にあたっては会員のボランティアを原則とします。

ロゴマークについて

  • 岩手ADCロゴマーク
  • 岩手ADCロゴマーク説明